代表あいさつ

会社概要-代表挨拶

"

代表取締役

馬場 達也

1982年生まれ
宮城県出身
フランス在住(2011年〜)

当方、フランス在住10年以上に経過しました。
また、オーストラリア生活も含めると海外生活13年以上になります。

2020年3月以降、コロナ禍においてロックダウンを始め生活様式、ビジネスのあり方、
特にリモート勤務によって、ITリテラシーも大きく変化しました。
リモート会議ツール、社内チャットツール、Googleドライブツール、一部業務のアウトソーシングなど増加した傾向があります。

フランスに本社を置く弊社、BPO事業ではコロナ禍の影響もあり、企業様からのアウトソーシングが増加しました。
多言語でのCS対応、データ入力、Webサービスの運用代行などなど、日本と海外の時差と海外在住の日本人の言語スキルを有効活用しております。

その中で、日本市場の経済縮小に伴って、海外市場に進出する企業様も増加し弊社にお問い合わせいただくケースも増加しました。

弊社は2022年よりグローバルマーケットプレイス事業をリリースし、日本企業と世界各国の決済者やバイヤーを繋ぐプラットフォームをリリースします。
それに伴って、多言語CS対応、通関に関わる業務などプラットフォームを提供するだけではなく、BPO事業部と連携し、日本企業様をトータルサポートします。

 

<弊社が考えるビジネスキーワード>

  • 2024年:パリオリンピック開催
  • 2030-2040年:EUでのガソリン、ディーゼル車、PHEVの販売禁止
  • 日本の最低賃金は、?フランスの最低賃金1300円以上、デンマークの最低賃金2000円以上
  • 日本の有給休暇の取得率は、?フランスの休暇の取得率100% EU全土で90%以上の取得率
  • 言語から考える経済市場: 英語 / 中国語 / ヒンドュー語 / スペイン語 / フランス語 /アラビア語
  • 日本の少子高齢化問題
  • 日本の1212兆円以上の負債
  • 日本の観光、製造業、飲食業界の未来

 

上記キーワードを複合的に考えると、世界第5位の日本語市場も、少子高齢化に伴い海外企業が市場開拓する優先度は今後大きく低下すると予想します。
現に、多くの既存のITサービスのβ版など日本語非対応、日本語圏で利用できないケースもここ数年で増加した。

弊社は、日本企業様が海外進出する際に感じる高いハードルを全てサポートいたします。
引き続き、日本企業と海外を繋ぐプラットフォーマーとして皆様に貢献いたします。

2022年1月3日
Swapsss株式会社
代表取締役 馬場達也