代表あいさつ

"

代表取締役

馬場 達也

1982年生まれ
宮城県出身
フランス在住(2011年〜)

2020年3月以降、生活様式・ビジネスのあり方が一変し、在宅勤務・オンライン展示会・商談会が主流となり、その他営業手法も大きく変化し直接営業からWeb集客問い合わせ型へ、ITリテラシーがある企業差で明白を分けた2020年と実感しております。

弊社に、企業の第一印象イメージするホームページの重要性を痛感しリニューアル依頼、オンラインサービスに特化したWebサービス制作・在宅勤務対応の社内管理システム開発など問い合わせが増加しております。

当方、2011年からフランス移住しておりますが、今でもフランスは特殊な国だなっと実感する事が日常生活に多くあります。
例えば、ストライキ・デモストレーション・仕事の考え方・マネージメントスキルなど日本とは大きく異なり、その上、パリの家賃は東京より高い上に、求人数が少なく平均所得の日本より低い実情があります。

日本では高学歴・就職エリートの方々が国際結婚しフランスに移住するケースもありますが、求人数の少なくフランスで理想の仕事に従事するには困難です。

そんな実情を客観的に考えると「海外生活する日本人はスキルが高い」「問題解決能力に高い」「日本との時差7-8時間の有効活用」「多言語スキル」
BPO事業では、日本国内企業様の要望と弊社のアドバンテージを活用し新しい雇用創出しております。

その他にも、行政機関を通じて海外展示会に参加し商談成立したにも関わらず、アフターフォローはなく社内で多言語・国際業務経験あるリソースがなく断念したケースなど多く相談があります。

事実、社内で多言語電話対応・輸出に関わるパッキングリスト作成・現地輸送時のトラブルなど自社内で対応するにはコストと時間がかかります。

よって、海外進出・海外市場拡大・海外向けサービス展開にはしっかりスキームを考える必要と現地に精通し企業からのアドバイスも重要です。

そんな状況を考え、BPO・Web・海外進出支援・メディア事業で市場調査からグローバルなWebシステム開発・PR、そしてバックオフィス業務まで総合的にサポートさせていただき、単発的なお付き合いではなく、企業様の中長期ビジョンを理解し、長期的にお付き合いいただける事を念頭にお仕事させていただいております。

2021年も大変なご時世と予想されますが、2024年パリオリンピック、2025年大阪万博と日本とフランスを繋がる希望ある国際イベントも開催されます。

未来を信じて、Swapsssは末長く企業様をサポートし企業成長にお力添えさせていただきます。

2021年1月4日
代表取締役 馬場 達也